FC2ブログ

プロフィール

とれの

Author:とれの
社会の底辺をそれなりに懸命に生きてる独身男子のブログです(笑)
目の毒な画像が含まれてますので閲覧は自己責任でお願いいたします(´・ω・`)


色白のぷよぷよ体型を誇る変態です(TдT)
でも身長170センチ、体重52キロの低体重という不思議。
関係ないけど榮倉奈々と一緒らしい。


そんなこんなだけどなんとか生きてます!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原因

僕が、野々部からの高跳びの棒による凄惨かつ執拗な攻撃を受けるに至った原因なのですが
実は僕にも原因があるんです。

ブログをちゃんと見返してないので、過去どこかに書いたかもしれませんが
僕が唾を野々部にかけたんです。
体育館の天井の方にいた僕が、下にいた野々部に向かって。

今思っても、なんであの時、クラスでもリーダー格の野々部相手にそんなことができたのか
不思議でなりません。
かたや僕は、クラスの端っこの雑魚集団と言われていたので

そりゃ怒ってもしょうがないな。よりによって相手が僕ってのもあるし。

それであっけなく捕まって体育器具庫に放り込まれたわけで。
もともと先生不在だったのもあって、最悪な展開に。。。

僕の他に、もう一人狙われた子がいたのですが、彼は唾をかけるなどどいった身の程知らずなことはしなかったので
ターゲットは必然的に僕だけになったのです。


野々部の攻撃は本当に辛かった。。。
野々部とはこないだの同窓会でも会っていないし、中学を卒業してから一度も会っていません。
でも、不思議と野々部に対してはそれほど恨みは持ってません。


「GUGUガンモ!GUGUガンモ!」と連呼しながら、野々部は僕の白ブリ越しの肛門を突っついてきたので
野々部も「半平太の非常事態」のことは知ってたんです。
意外と奴も興奮してたのか?なんて。


肛門を突かれるのって、屈辱的です。
それで、感覚としては、内臓を突かれるような感じなんです。
身体の中身を突っつかれると言うか・・・。
説明しにくいんですけど。


痛みも強いけど、こそばゆい感じとゆうか、そういうのもあって。
野々部は、執拗に肛門だけを狙ってきたので(根拠はないんだけどたぶんそう。)
突っつき方も変えてきたのがよく分かったんです。
棒を回転させて突っついたり、ねじ込んだり、強弱付けたり・・・
ストレートに強く肛門を突いてきたときは、「あやっ!」って反射的に言葉が出ちゃった。。。
この「あやっ!」が今でも自分が発した言葉なのに、今でも耳から離れない。

「つんつん!」「あやっ!」「wwwww(みんなの笑い)」
「ぐりぐりっ!」「あやぁ!」「wwwwwwwwwwwww!!!(みんなの笑い)」
みたいな。

肛門はダメになっちゃったけど、きゃん●まのほうは大丈夫なのかな・・・
本当に子どもはできるのか心配になってきた。
きゃ●たまは武田をはじめ、いろんな奴が攻撃してきたから、あんまり覚えてないんだけど、
野々部はある意味愛があるけど(なんとなくそう思う)、他の奴らは、本当に僕のことなんてどうなっても良いと思ってただろうから。
本当にぼくのきゃん●ま破壊しても良いと思って攻撃してきたと思うから。


これの結末書いてないんですが、
実は最後まで白ブリーフを脱がされることはありませんでした。
バドミントンのラケットとかで、ブリーフを引っ張られたりはしたので、見えちゃった瞬間はあったかもしれないけど。
そこは半平太君とは違います。笑



白ブリの肛門の部分は突かれ過ぎて破けていて、股間の部分は土が突いたみたいに茶色っぽく汚れていました。
チャイムが鳴ってみんながいなくなると、清掃時間になって、1年生が入ってきそうだったので
急いで服を着て体育器具庫を出た記憶があります。
ちょっと涙出ながら。。。


やっぱり野々部よりも、武田たちの股間への容赦ない攻撃と嘲り、女子達からの笑いのほうが痛かったな。
加藤さんの「とれのくん、パンツ食い込んでる!笑」
この言葉が一番きつかったかも。




スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

いや、そんな真剣に考えて見なくても、
リアルGUGUガンモの半平太くん状態になった僕って、相当恥ずかしいですよね。汗
っということを今さらながらに、今思いまして、嫌な汗が出てきて、汗が背中伝ってる「今この頃」です


中二って言えば、もうそれなりに体つきはしっかりしてきてるし、
僕でも身長160センチくらいはあったかな。
そんな少年が、逆立ち体勢で、白ブリ一枚で足開いて股間を膨らませて(?)
ぷるぷる震えながら足元にいたら・・・、ブリーフ突きたくなるよね。


そんな体制を、同級生の15人くらいに見られちゃってるという。。。
しかも女子までに。。。


ガンモも、飼い主じゃなかったらやってみたいって言っていたし、
やる側にとったら、面白かったんだろうね。


俺の正常な肛門かえせ!




続きを読む »

結構前のことになってしまったんですが、中学の同窓会に初めて行ってきました!
エクスクラメーションマーク付けるほど、良い出来事ではなかったのですけど。
勢いで付けてしまいました。

場所は普通の居酒屋で参加者は30人くらいでした。
こういう小規模なのは毎年やってるらしくて。

たまたま席が武田の近くになったのですが
武田が開口一番、
「とれのと言えばブリーフ事件だよな~www」っと。

「えっ?!・・・・事件っ?!」
とぼける僕に、周りの人がたたみかけるように
「あ~、そんなことあったなww」と。


「あの時の衝撃で子供出来んとか?wwww」
「とれの、結婚してないからそれ関係なくねwww」
「証明出来る機会もなさそうww」
などなど言われっぱなしでした。


「とれの、子供できんかったら俺のクリティカルヒットが原因だわwwwww
ゴズっ、ゆうてたし、俺本気で潰しにかかってたからwwwwww」
「良いストレス解消になったし、オマエ存在価値あったで」
なんて言われました。

ちょっと、ちょっと!!←心の中。



「めっちゃパンツ食い込んでて、膨らみを粉砕したったわ。ゴズッゆうてwwww」
「感触は悪くなかったわ。」
「パンツの縫い目のとこが、ちょうど玉だったで、そこ目がけて鉄棒でゴズッ!っと」

えっ?!鉄棒? 竹刀じゃなかった?←心の声




あの時、痛かったのは野々部からの肛門への攻撃の方で、
武田からのキャン●マへの攻撃はそうでもなかった記憶があるんですが。
言葉の暴力と嘲笑は痛かったけど。
あと恥ずかしさ。


性格の悪さと、口の悪さ、あと性格の悪さがにじみ出た顔つきは、全然変わってないどころか
さらに悪化していた。


そして・・・
「まだ白ブリはいてんの?www」
武田がにやにやしながら言う。

「・・・・うん。」


一同「wwwwwwwwwwww」


みたいな出来事がありました。




おしまい。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。