FC2ブログ

プロフィール

とれの

Author:とれの
社会の底辺をそれなりに懸命に生きてる独身男子のブログです(笑)
目の毒な画像が含まれてますので閲覧は自己責任でお願いいたします(´・ω・`)


色白のぷよぷよ体型を誇る変態です(TдT)
でも身長170センチ、体重52キロの低体重という不思議。
関係ないけど榮倉奈々と一緒らしい。


そんなこんなだけどなんとか生きてます!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年齢がバレてしまうな~と思うけど気にせずに書く。
だって好きなんだもん。笑

以下、ちょっとグロいシーンが続きますので、耐性のない方は見ないでくださいね。


1_20130812141738ef7.jpg
この人は妖怪で、黄泉から光を奪った人なのです。


2_20130812141740b80.jpg
貼り付けられてます。


3_20130812141741e62.jpg
妖怪視点から黄泉と蔵馬を見てます。


4_2013081214174351d.jpg
5_20130812141744d09.jpg
わあ!黄泉が近づいてきた。


6_20130812141814291.jpg
7_201308121418160fc.jpg
蔵馬知らん顔。


8_20130812141817157.jpg9_20130812141819546.jpg
「銀髪の妖狐・・・恐ろしく、冷たい目をした男・・・」
「ぎゃああああ!!!!!」


10_201308121418200d0.jpg
やられちゃう直前


11_20130812141835bbc.jpg12_20130812141837e32.jpg
13_20130812141838ece.jpg14_20130812141840850.jpg

顔面を・羽虫の如く・踏み潰し(by黄泉)


15_20130812141842759.jpg16_201308121418564ee.jpg
黄泉長時間踏み過ぎ


17.jpg
自分が張本人なのに、相変わらず知らん顔の蔵馬


18_20130812141859d48.jpg
これ未だに妖怪のどの部分か分からん。首から下で合ってますか?


19_20130812141901d97.jpg20_20130812141902cae.jpg21.jpg

その後も、黄泉と蔵馬のやりとりが続くのですが、ちゃんと左隅にやられちゃった妖怪も出てきます。




ちなみにコミックだとこんな感じ。
22_20130812141925d5b.jpg
23.jpg
グロさはコミックのほうが上ですね。


23-1.jpg
ちなみにこれが原型。


24.jpg
コミックでもM字開脚なのは変わりません。

25.jpg


26_2013081214194553c.jpg
27.jpg
目を縫ってるとことか、コミックのほうがより黄泉の執念深さを感じますね。


28.jpg
29.jpg
嘘つき!恨んでるくせに!
ちなみにコミックだと冷静に妖怪の顔面を踏み潰すのですが、アニメだと激情します。
僕はコミック版の黄泉のほうが好きです。


なんとゆーか、この妖怪・・・
蔵馬に頼まれて、黄泉を襲い、その結果黄泉の目だけはつぶせたけど、致命傷を与えるまでにはいかなくて
しかも自分も深手を負ってしまって、黄泉を殺せなかったから蔵馬から報酬も全くもらえずじまいで
その後、魔界の巨頭となってしまった黄泉から逃げ回る日々だったと思うんですが、
結局捕まってしまって、こんな拷問を受けながら蔵馬の目の前で殺されるためだけに100年も放置されていたんです。

何度も言うけど、この妖怪は蔵馬の依頼を受けただけで。。。
指図したのは蔵馬で、悪いのは蔵馬なんだけど、黄泉の蔵馬に対する憎悪を一身に受けたがために、こんな扱いに。
もちろん実行犯ではあるんだけれども。
その後、蔵馬は黄泉の参謀となり、黄泉に殺されることはもちろんありません。


そんな妖怪に、私はなりたい。(←宮沢賢治風。)
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

やられたい

無題3

身動きできない状況なのにボロボロになるまで拷問されて、最後は容赦なく剣を刺されちゃう。
やられたい。笑
それにしても陳宮の容赦ない顔(怖)。
「ドスッ」って・・・(最怖)。
このシーンMの身にはやっぱ最高に萌えるわ。


職場で嫌なことされた時とか、それを逆にこういうシチュに置き換えて興奮してます。爆
こういうとこMっ気だと得ですね。
僕は白のブリーフフェチであり、ドMです。
変態だし、性的にマイノリティーなのは自覚しています。
前、少しブログに書いた、自分がされたいことの続きのシーンです(笑)
拷問シーンがあるので苦手な人は見ないでくださいね。
ちなみに僕は拷問されたい派なので、する方には全く興味がありません。笑



1_20130802231453956.jpg
【呂布軍師 陳宮】
何か怪しいものを発見したようだ




2_20130802231455c16.jpg
えっ?! いきなり武器を使うのですか?!




3_201308022314583e0.jpg
痛っ!



19.jpg
こっちは丸腰で一人きりなのに対して、剣を持った男が3人がかりで。。。



4.jpg
怪しいものじゃないんです。。。(どうしよう、どうしよう・・・)


5.jpg
そ、そんなあ・・・ 僕、これからどうなるの。。。






捕らえらえたのは確かお昼だったよね。夜になっちゃったの?
18.jpg












そんな長い時間をかけて捕らえられた男は・・・



こうなっちゃいます。
妄想で、捕らえられた場所から陳宮の屋敷に連行される間にも、酷い扱いされたんだろうなあとか想像したりとか。
8.jpg




ちなみに密偵が拷問されてる間、陳宮は・・・
6.jpg
のんびり晩酌中。この辺の対比とかもいい。





7.jpg
密偵のいる拷問部屋へ向かう陳宮。晩酌中にはなかった剣をしっかり持ってます。





20.jpg
拷問道具がいっぱい。腰からチラリと覗く白いブリーフ。






9.jpg
密偵のひどい様子を見ても、至って冷静(笑)




10.jpg
11.jpg
これ実は嘘なんです。





12.jpg
えっ!? 何するの?!






13.jpg
逃れようとしてもできるわけがなく、剣は無防備に迫り出された腹に突き刺されるのであった。
なんとなく逃げようとして反り返ってるようにも見えますね。
ちなみに60巻ある横山三国志の中で、裸に剣を刺すシーンって、あまりないんです。(後述しますね)



15.jpg
「念のためもう一度裸にして、ブリーフも調べてみよ」

えっ?!裸?!
一回全裸にされてるの?!
白ブリーフ見られた?!





16.jpg
「ご主人様 白ブリの上ゴムの中に 何かぬい込んでございます」




僕はSかMかと聞かれたら、ドMなんです(笑)
もう徹底的に攻(責)められたい派で。笑


そのきっかけを与えてくれた(?)ものの1つが上記のマンガのシーンで
セリフとかはパロディに変えられちゃってるんですけど、丸腰の一人の男が数人の男に寄ってたかって取り押さえられちゃっている・・・というシーンです。


この捕らえられた男に僕はなりたいです(笑)


実はこの直前には逃げようとするところを弓矢を放たれて、足に矢が刺さってもんどり打って倒れこんでしまうというシーンもあります。
もう踏んだりけったりなんです。
でも、そんなものはまだまだ全然序の口で、彼の本当の不幸はこれから始まるんです。
始まるというか終わりかな?(←意味深)



img005.jpg


この後の彼の運命は、この表情が表しているんです・・・



ちなみにこのシーンは、横山光輝先生の不朽の名作「三国志」の中の、
呂布の末路という巻の「発覚」という話の中のワンシーンになります。
彼はただの旅人のふりをしているのですが、その正体は、この漫画の主人公の一人でもある曹操という武将の密偵(間者:スパイ)なんです。
そして彼を取り押さえている方々は、曹操に敵対する武将である呂布の軍師を務める陳宮の部下たちです(ああややこしい。。。)

その後の展開は乞うご期待!笑。



 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。